つらくて煩わしい花粉症、しかし悪い事ばかりでもなかった?

毎年この時期に「花粉症」で悩まれている方は多いのではと思います。
実は書いている私も該当者の一人で、毎日がたいへん。
街を歩いていても、マスク着用者が他の季節よりも多く感じるのも、
おそらく花粉症が影響しているのではないでしょうか。

そんな花粉症ですが、どうやら良い影響も有るらしい?ので御紹介。

 

花粉症アレルゲンの種類

花粉症と言っても、症状を引き起こす花粉の種類、アレルゲンによって発症する
時期も変ってきます。

どんな花粉が有って、どの時期に飛散するのか見てみましょう。

花粉の種類 飛散時期
ハンノキ属(カバノキ科) 1月~6月
スギ 通年
ヒノキ 1月~7月
シラカンバ(カバノキ科) 4月~6月(東北以北)
イネ科 通年
ブタクサ属(キク科) 7月~12月(北海道を除く)
ヨモギ属(キク科) 7月~12月
カナムグラ(アサ科) 8月~11月(北海道を除く)
情報元:花粉症ナビ

※地域によって差あり。日本全土で見た場合を表記しています。

こうして見ると、一年中何らかの花粉は飛んでいるという事ですね。

 

花粉症で良い事なんて本当にあるの?

自分も涙と鼻水がつらく、早く花粉が少なくなってほしいと願っています。


「こんな感じでもがいています。」

それで、記事タイトルに入れた「悪い事ばかりではない」と言うのは何か。

それではズバリいきます。

それは・・・「長生き出来る可能性が上がる」らしいのです。

記事によりますと、花粉症を患う人は、そうでない人より免疫機能の働きが盛んで、
それに伴う病原菌などへの抵抗力も強いだろうとの事。

記事より引用

10年にわたる追跡調査の結果、スギ花粉症を有する人は、そうでない人に比べて21%、統計学的にも意味のある水準で死亡のリスクが低下しました。特に呼吸器疾患による死亡リスクは62%も低下するという結果でした。

 

目がショボショボして涙が・・・ 鼻水が止まらず、かみ過ぎて痛い・・・

ですが、この記事を読んで慰められたような気になりました。

日刊ゲンダイ
https://hc.nikkan-gendai.com/articles/249457