お札の人をミスタースポックにしないで

日本でもお釣りで受け取った紙幣に「落書きされている」。
なんて事がありますが、海の向こうカナダにもやっぱり存在するようです。

それも自国の偉人を茶化すようなやり方で。


「スタートレックのミスタースポック」

GIZMODE
https://www.gizmodo.jp/2019/03/star-trek-money.html

 

落書きされたカナダドル紙幣

ではどんな悪戯書きをされたのかを見てみましょう。

FXなどで、日本人個人でもよく取引されるカナダドル。
私もやるのですが、カナダドル「紙幣」は知らなかったですね。

下の画像が悪戯対象になった「5カナダドル紙幣」です。


「色も良いし、カッコイイ。」

描かれている人物は、カナダの第8代連邦首相で初のフランス系カナダ人の首相、
ウィルフリッド・ローリエ氏だそうです。


「ウィルフリッド・ローリエ」

それな偉い人がこんな風にされてしまいました。


「どこかで見た事あるような人になっています。」

それは誰? はい、この人です。


レナード・ニモイ氏」

人気SF映画「スタートレック」でスポック役を演じた人です。

スタートレックについてはリンク先で御確認を。

 

カナダ中央銀行もご立腹

この行為にカナダの中央銀行もお怒りだそうですが、
法的には違法ではなく、咎められないので注意を発信するだけとか。

そしてもし、その落書きされた紙幣が銀行で見つかれば「廃棄処分」に
なってしまうので、経済的にも損失になるようです。

そりゃあ怒るでしょうね。

他国、アメリカやスコットランドでも「スポッキング(←こう呼ぶようです)」
されるそうですが、カナダのこの人が一番似ているから流行るらしいです。

冒頭でも書きましたが、日本でも悪戯紙幣が回って来る事があります。
落書きや計算、きつーい折り目などなど。

個人的に一番おどろいたのは「不幸の手紙」タイプのもの。

因みに、日本でもやはり紙幣への悪戯は罪に問われないようですが、
「貨幣」は損傷させると罪になります。
【貨幣損傷等取締法】

どちらにせよ、社会で共有して使うもの。
常識に沿った使い方をしてもらいたいですね。