あの人気ウインナー「シャウエッセン」が電子レンジ調理を解禁

日本ハムが「手のひら返し」として、

同社の人気商品「シャウエッセン」の調理法に電子レンジを正式追加。

 

簡単調理の時代に電子レンジ解禁

何が手のひら返しなのか?

サイトの説明によりますと、これまでは加熱過多による破裂を懸念して

「禁止」扱いにしていたそうです。

ですが時間に追われる現代人のニーズに応え、安全テストを繰り返した後、

今回の電子レンジ調理にGOサインを出した、だから「手のひら返し」という事らしいです。

日本ハム「シャウエッセン」特設ページ
https://www.nipponham.co.jp/seq/

 

調理時間はどのくらい? ボイルとの差は?

これまで「ボイル」を推奨していた日本ハム社。

商品の袋にはボイル時間は3分と指定されています。

私も食べる時は指定の方法でした。

それでも焼くのも好きなので、フライパンにサラダ油ではなく、
バターを少しだけひき焦げ目をつけた程度で
食べたりもしていました。

で、肝心のレンジ調理の時間は下記のように案内されています。

500W 600W
3本 30秒 20秒
6本 60秒 40秒

 

調理道具が要らない

電子レンジ調理のメリットとして、手軽に出来るというのもありますが、
ボイルに使う鍋やフライパンが要らない、イコール「後かたづけ」も発生しない。
これがありがたいですね。

もっとも食器等のかたづけは変わりませんが。

 

実は前からあった電子レンジ調理

今回、袋入りのシャウエッセンが電子レンジ調理OKとなりましたが、

コンビニで売られていた商品は「レンジでOK!!」でした。

「でした」と伝えておきながら、この商品の存在を知りませんでした・・・ 恥ずかしい。

食べる者としては、ボイルでも、焼きでも、そしてレンジでも、
美味しく出来ればどれでもいいですね。